OCL STRETCHOCLストレッチとは

5 features of stretch

OCLストレッチ5つの特徴

  • Immediate Effectivity

    Immediate
    Effectivity

    OCLストレッチは即効性のある整体を自分自身にできるようになる「セルフ整体」です。一般的なストレッチは硬くなった筋肉を引き伸ばして緩めることを目的としていますが、OCLストレッチは「硬くなった原因=歪み」を整えて筋肉を緩めることを目的としています。硬くなった筋肉を引き伸ばすだけでは、いつまで経っても根本的な解決になりません。

    その時は伸びた感じで痛みやこりが紛れるかもしれませんが、実際は効果が低く、筋肉は硬いままなのでまたすぐに痛みやこりがでてしまいます。根本原因となる関節の歪みやインナーマッスルの緊張を適切に整えれば、その場で痛みやこりが改善する上に、いつまでも同じ症状に悩まされることがなくなります。

  • Feel free to take exercise

    Feel free
    to take exercise

    一般的なストレッチは、10秒~30秒かけて息を吐きながらゆっくりと伸ばしていきます。
    OCLストレッチは、たった1回息を大きく吸うだけなので、忙しい方や練習中でも気軽にできます。

  • Anytime, anywhere

    Anytime,
    anywhere

    これから試合という時や普段の練習中など、実際のスポーツの現場で「なんだか肩の動きが悪い…」や「ちょっと腰が気になるな…」と感じてもすぐに整体に行くという事ができません。

    そのため、そんな不安や違和感を抱えたまま試合や練習をしても本来の力が出せないだけでなく、かばって動くため変な癖がついたり、思わぬ怪我をしてしまいます。そんな時に自分で改善する方法を知っていれば、試合や練習で全力を出せるようになります。

  • Performance improvement

    Performance
    improvement

    筋肉は無理矢理引き伸ばすと「弛緩」して力が入らなくなってしまいます。
    そのため一般的なストレッチでは、可動域が増えて関節の動きが良くなったように見えても、筋肉の仕事である関節の安定性や筋肉を縮める動きができなくなります。
    その状態で運動をすると、関節が不安定になり怪我をしたり、筋肉に力が入らずパフォーマンスが落ちてしまいます。
    しかし、関節を整えるOCLストレッチでは、「弛緩」でなく「脱力」ができることで関節の動きが良くなり、筋肉が「活性化」するので、筋肉の仕事である関節の安定性が上がり怪我をしにくくなり、力が入りやすくパフォーマンスが上がるようになります。

  • New theory

    New
    theory

    一般的なストレッチは、息を吐くことで筋肉の緊張を緩めて引き伸ばすため、表面の筋肉「アウターマッスル」にばかりアプローチしてしまいます。そのため、凝っている筋肉を力任せに強く揉みほぐすことと同じなので、身体が怠くなったり力が入りにくくなる事があります…

    それに対し、OCLストレッチは息を吸うことで身体の中から伸ばして緩めるため、関節や「インナーマッスル」までアプローチできる「整体効果」があり、身体が動きやすくパフォーマンスアップまでできるようになります。実際に患者さんに対応している施術家や、選手に関わるトレーナーなど多くの「身体のプロ」が学びに来る新しい理論のセルフ整体法です。

OCLストレッチとは

最近のスポーツ界では「運動前に行うストレッチは怪我を誘発する」と言われています。
その理由は筋肉を無理やり引き伸ばす事で筋肉が弛緩してしまうからです。
筋肉の働きは、力を出す事と関節を安定させる事なので、弛緩してしまうと筋肉の本来の働きができず筋力が低下してしまうだけでなく、柔軟性が上がったように見えても関節が不安定になり怪我をしやすくなってしまいます。
ストレッチをすると身体が柔らかくなった感じがしても、だるく感じたり、力が入らない事があるのはそのためです。

OCLストレッチは機能解剖学と運動生理学を基にした新しい理論により、上記の様な従来のストレッチの危険性を排除した上で、その場で高い効果が出せるように作られたセルフ整体です。
息を吐きながらゆっくり伸ばす一般的なストレッチと違い、1回息を大きく吸うことで関節を歪ませている筋肉、腱、靭帯、筋膜などを活性化させ、関節を正しい位置に整える整体効果があります。

2009年にOCLストレッチの存在を知った治療家やスポーツトレーナーなど身体のプロからの要望により、OCLストレッチを指導できるようになる「OCL講座」を開講しました。
その理論的な内容と高い効果が好評を頂き、以降定期的に講座を行い現在100回以上開催しています。
さらに、全国に認定のインストラクターが誕生し、より多くの方にOCLストレッチを活用していただけいるようになりました。

まずは簡単に自分でチェックをしてみましょう!

OCL式セルフチェック表(基本編)

痛みがなかなか治らないのは、痛みが出ているところ=原因ではないからです。
この表で身体を、上肢(肩や腕)、下肢(股関節や脚)、体幹(頭や肋骨)
3つに分けて、本当の原因となる身体の歪みを自分自身で見つけてみましょう。

セルフチェック

チェックしてA〜Cのいずれかに該当した場合は
以下の動画でOCLストレッチを試してみてください。

  • OCL式セルフチェック

    PLAY
  • A「上肢の歪み」

    PLAY
  • B「下肢の歪み」

    PLAY
  • C「体幹の歪み」

    PLAY

変化がない場合は
以下のことが考えられます

  • ストレッチが正しくできていない
  • チェックが正しくできていない
  • 自律神経が原因の歪み
  • 内臓や頭蓋骨などが原因の歪み
  • 複数の歪みが原因
  • 古傷や重度の歪みが原因

そんな場合は直接ご指導するか、オンラインでもご指導致しますので、お気軽にご連絡ください。

OCLストレッチ指導は押方以外にインストラクターからも受けられます。

押方 匡介

押方 匡介Oshitaka Kyosuke

  • 株式会社O.C.Labo代表取締役
  • OCLストレッチ創案者
  • スポーツ整体院O.C.Labo院長

はじめまして。
創案者の押方匡介です。

OCLストレッチは、私が20年以上スポーツ整体師として身体のコンディションにシビアな数多くのプロスポーツ選手やアマチュアアスリートに施術を行っている中「この整体技術を患者さん自身が自分でできるようになればスポーツの現場でももっと手軽にパフォーマンスアップできるようになる」と考え創案しました。

もちろんアスリートだけでなく、お身体に痛みや不安がある方、もっと身体を楽に動かしたい方など、数多くの方にOCLストレッチがお役に立てると嬉しいです。

もしあなたが「自分の力で身体を楽にしたい」と思っているのなら、ぜひOCLストレッチをご活用ください。

OCLストレッチは様々なメディアでも紹介されています。

  • 新聞で長期連載しました!

    日刊ゲンダイ
    1分でいい!
    体なごみストレッチ

    デスクワークでの肩こり腰痛からゴルフのパフォーマンスアップまで様々なシチュエーションで効果を出せるOCLストレッチをご紹介しました。
    おかげさまで好評いただき、全39回の長期連載となりました。

  • HONDA 公式サイトで
    取り上げられました!

    HONDA 公式サイト
    整体師に教わる車内&SAでの疲れ
    解消法

    『食事やお茶でSAに立ち寄ったら…すかさず全身ストレッチ!』車内で同じ姿勢をして凝り固まった体の血流UPとリフレッシュに効果のあるストレッチをご紹介しました。

  • マルマンで取り上げられました!

    ゴルフクラブメーカー
    「マルマン」で取り上げられました

    「ゴルフのパフォーマンスアップに効果大の驚異的ストレッチ」として、お風呂でゴルフケアができるOCLストレッチが紹介されました。

  • 大手スポーツ系
    DVDメーカーでシリーズ化

    リアルスタイル「OCLストレッチ」

    スポーツ系DVDメーカーから、身体の使い方の解説とそれに対応したOCLストレッチをレクチャーするアスリート向けのストレッチDVDが出版され、現在第三弾まで発売中!